自分でつけたキズを車両保険で治すことはできるか

2014.7.25|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

沖縄02車を所有して運転していると、強制加入の自賠責保険と、任意加入に自動車保険があります。
任意加入の自動車保険は、車の価格や運転者の年齢、補償の条件などを細かく設定して保険料を調整することができます。

補償の内容を手厚くするほど保険料も上がってきますが、必要な補償は備えておかなければなりません。
自分でつけた傷を治すためには一般条件の車両保険が必要です。車庫入れや電柱にこすってしまったり、当て逃げ被害など、相手が特定できない事故の場合もこの保険を使います。
一般条件に対してエコノミー条件(保険会社によって名称は異なります)では事故の相手がいる、いわゆる”交通事故”の損害を補償します。

ところで、保険を利用すると、割引の等級が下がって翌年の保険料が上がってしまいます。保険で修理代を節約できる金額と、翌年以降の保険料が上がる金額を比較して、保険を利用するかどうかを決めましょう。
保険の補償内容は原状回復なので、自費で修理する場合はタッチペンで済ませるつもりでも、保険を得利用するなら板金など、きちんとした修復を受けることができます。
その時、部品を新品に交換するか、修復で済ませるかは保険会社と自動車会社の査定で決まりますが、新品交換をしない場合は、修復でも新品同様に原状回復ができると判断された場合です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。