知ってお得な浅いキズの直し方

2014.7.25|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

}PgžxQ公共の交通機関が不便な地方にとって車は必要不可欠な交通手段ですが、経済的に維持費が負担になる方にとっては車の傷や汚れ、カスタムなどは業者に頼らず自分で施行し経費を抑えたいものです。
狭い道や鍵などの固いものを車のボディに当ててしまったり、黒や濃いカラーの車の場合は、洗車をした時に洗車傷という小さなキズや浅いキズがついてしまう場合がありますが、必要なアイテムさえあれば自分で直す事ができます。
キズが浅い場合はカー用品店やホームセンターなどで売っているキズ消し用のワックスやコンパウンドを使用すると直ります。
コンパウンドは車専用の研磨剤の事で、車の塗装してある表面を削りながら磨きます。
多くの種類がありますが、極細目と書いている細かい粒子の商品や、鏡面仕上げ用、つや出し用と書かれている商品を選んだ方が削りすぎてしまった、傷が広がったという様なトラブルの防止になります。
専用のスポンジも販売されていますが、さらに費用を抑えたい場合は捨てても良い古いTシャツなど、綿素材の柔らかい素材の布でも問題なく、コンパウンドを付けて力を入れず優しく均一に磨いていくと、失敗することなくキズを目立たなくする事ができます。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。