業者に修理依頼をしてきれいに直してもらう

2014.7.25|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

}PgžxQ車にキズが付いて修理を依頼する場合、通常車を購入した業者に依頼する人が多いでしょう。
塀や電信柱などにドアをぶつけたり、バックで障害物にぶつけるとキズや凹みが出来ます。
このような場合購入した店舗に修繕の依頼をする人が多いでしょう。
バンパーは多くの車がウレタン製やFRPなどでできているため、キズやヒビとなっても錆びるということはなく、軽いものであれば放置しておく人も多いでしょう。
しかし、ボディーに損傷がある場合は錆が出て、その後の不具合も出ます。
購入した販売業者に板金塗装施設が無い場合、修繕は外注化します。
提携している板金塗装工場に出します。
このことで1社経てしまいますので、料金が高くなります。
出したところでは、何も行われず、伝票や請求書が発行されて車の受け取りをするだけです。
この場合、板金塗装工場は下請けとなります。
下請けはお客にいくら請求しているかを知らされず、販売店に業販価格として仕事を受けています。
板金塗装工場は業販と直営とをこなしているところが多く、直でお客を取る方が自社にとってもメリットがあり、お客側としても、購入店に大きなマージンを抜かれることが無いので両者にとってメリットがあります。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。